修理の特徴と相場

家具修理に掛かる平均的なお金

家具修理に掛かる費用の平均相場は1つあたり20万円〜30万円です。もちろんこれは平均的な金額で1つの目安ですから、それ以上もありますしこれより低い金額もあります。家具修理は1件1件はそれほど費用が高くないのですが、高いものは100万円を超えることがあるのです。そのため、家具修理にかけるお金の平均相場も高くなっていってしまう傾向にあります。近年では数千円で済むタイプのものも多く、子どもが傷をつけてしまったというような場合には、5000円程度で修理が完了することがあります。それから家具のサイズを変えたり加工をするといったことも合わせて依頼する人が多く、そうしたケースが家具修理の相場を高めているので、修理そのものにはそれほど費用がかからないというのが現状です。

家具の修理の特徴とは

他のものと異なり、家具修理にある特徴としては、やはり“そのものの見た目や機能性等を活かしながら修理する”という点です。修理したことがわからないようにしてほしい、新品のよう、あるいは元通りにしてほしいという依頼はとても多いという現状があります。そのため、家具修理に関してはただ修理するだけではなく、さまざまな部分に配慮しながら進めていく必要が有るため、費用がかかってしまったり、あるいは時間が必要になるケースが殆んどなのです。また、家具修理は修理の方法によって仕上がりがまったく異なります。ですから依頼を受ける際には、じっくりと依頼人と修理業者とが話しあって、同じ完成図を描けるようにと話を詰めていくというのも、家具修理ならではの特徴の1つです。