高級だからこそ

最近の家具の主流は何か

最近の住宅は輸入木材で作成した安価な数が主流となりました。この傾向は家具においても同様です。生活の様式化では、和服を持っている人はごく少数派です。そして、洋服の収納はクローゼットやウォークインクローゼットが主流となった今では、一昔前のような桐の箪笥を嫁入り道具に持って歩く人は皆無です。ロボット型掃除機の普及も進んでおり、今後は家具も床から浮かせた状態で設置するような形や作り付けが主流となることも予想されます。しかし、そんな中でも自分好みの家具をオーダーメイドやハーフオーダーで作成する層も少なからず存在します。古木やチーク、ウォルナット等の木目を生かした素材を用いて、職人が手作りした家具はこだわりのインテリアには欠かせないものとなっています。

高級な家具ほどメンテナンスや修理が必要な理由とは

手作りの家具は、良い材料を使っているために価格もそれに見たったものになります。当然、長く使うことを前提に購入するわけですが、高いからといって家具修理が必要になるような事態が起こらないという訳ではありません。オーダーメイドやハーフオーダーの家具を作る職人というのは、全国的に見てもそれほど多くはありませんから、不具合や故障があった場合には購入先に送って家具修理等を行ってもらう必要が出てきます。不具合や故障も自分が原因であれば郵送費がかかります。この費用を節約しようとして自分でやろうとしてみたり、或は近場の職人に家具修理を依頼する人もいます。しかし、家具修理は作った熟練の職人の手に任せた方が無難です。仕上がりの精度が全く異なるからです。